どんどん目立つ毛穴地獄から抜け出したい!

現在36歳、ばっちりアラフォー世代の私。
子供は3人おりまして、出産ごとに身体のラインが崩れてくる・・・というのも気にはなりますが、それは着こなしによってはどうにか誤魔化す事ができるので、今までどうにかやってきました。

評判通り?シルクリスタを購入して使ってみた効果と私の口コミ体験談!

でも、いつでも皆にみられる顔、肌だけはどんなに塗りたくっても誤魔化しがどんどんできなくなってきています・・・
現在はコロナの為、マスクをしている日々ですが、晴れて人類がコロナに打ち勝って、マスクを外す時がきても、私は喜んでマスクを外すことができるのか?鏡の前でまじまじと自分の顔を見つめながら思ってしまいます。

開ききった毛穴、それを埋めるような黒い角栓・・・スクラブ洗顔でこすっても、毛穴パックでとってみても、一時期は綺麗になるけれど、やっぱりそんなに長くは続かないし、何だかますますひどくなってる気もします。

悩んで悩んで、色々調べてみると、やっぱり乾燥ってよくない!と今更ながらわかり、特に今はマスクをすると肌が乾燥しているような感じもあるので、とにかく保湿!と意識するようになりました。

今までは、保湿は何となく、洗顔後にという事しか考えていませんでしたが、現在は自分で乾燥を感じたらニベアクリームで最低限補うようにしています。
それと、ついつい絞り出したくなる角栓は絶対無理にとってはいけないので、スクラブ石鹸でのゴシゴシ洗いはやめました。これも乾燥を防ぐ重要なポイントだと思います。

どれも大した内容ではないですが、絶賛子育て中の私にはかなり意識をしないとできないことです。
子供がいるから…もうおばさんだしね…と諦めるのではなく、簡単なことをコツコツ続けていつまでも若々しいママでいたいなと思います。

マスク着用によるデメリット

コロナの影響で、外出時などマスクを使用する機会が多くなっています。

マスクをすることで、口の周りに吹き出ものがでることが多くなった気がします。

冬場のインフルエンザ対策の時と違い、使用時期が高温の季節なのが影響しているのかもしれません。

年齢のせいか、治りも遅いうえにストレスの関係か何個もできることもあります。

十代のニキビに悩まされていた時を思い出してしまいます。

現役の学生さんたちは、私以上に悩んでいるのでしょう。

シミーホワイトリンクルエッセンスの効果と私の口コミ!使い方や肌ざわりなど細かくレポート!

最近、薬局で薬が販売されていたので、私と同じように悩んでいる人が多くおられるのだと実感しました。

マスクで隠れているとはいえ、吹き出ものなどの肌荒れで、あとが残るのは嫌ですのでケアができる商品が出たことは良かったと思います。

今後も、このような商品が増えていくのでは? と感じました。

マスクをしているため、顔の筋肉を動かすことが減ったのか、ほうれい線が目立つ気がします。

又、口角も下がっている気もします。

これは人に見られていないことや、テレワークになったため、以前よりも話す機会が減ったことも大きく影響しているのでしょう。

意識的に口角をあげるような運動をする必要があるのですが、仕事をしていると、つい忘れてしまいますね。

顔のむくみが酷い時は、少しの外出でマスクをしただけにも関わらず、マスクの跡がくっきりと残ることもあります。

普段よりも動かなくなったことで、消費カロリーが減ったことが原因だと思います。

今の御時世、マスクすることは必要です。

問題点を改善しながら、うまく着用をしていきたいと思います。

ノーメイクでもスキンケアを怠るな

最近はマスクをすることも多くメイクをしない人が増えているのですが、ノーメイクでもスキンケアは必要です。リンクルシャイン

むしろノーメイクでもスキンケアをしっかりしておけば肌荒れに悩むということも減ってくるし、マスク荒れを防ぐこともできるのです。

とはいえ、高いスキンケア化粧品を買えばいいというわけではなくいつもの化粧品でしっかりとケアをするということが大事になってくるのです。

人によっては高いスキンケア化粧品で肌荒れを起こすという人もいるし、安い化粧品でも十分肌を整えられる人もいるから自分にあった化粧品でスキンケアをする必要があるのです。

最近ではインターネットでも化粧品を買うこともできる環境なので高いスキンケア化粧品を選びがちだったりもするのですが、サンプルで販売していることもあるので、試しにサンプルを買って使ってからがいいと思います。

いずれにしてもすっぴんではより一層スキンケアをする必要がありますし、すっぴんだからこそスキンケアを大事にしてマスク荒れを防ぐようにしていけばいいのです。

すっぴんだからといって洗顔を怠ったりすればマスク荒れを防ぐことができないし、マスク荒れがひどくなるということもあるのでスキンケアは大事になってきます。

マスク着用で?シミができる?こわい!

人と会うときはマスクをつけるのが、常識になっているコロナ禍の現代。
マスクを外して、鏡をじっくり見てみてください。
目の下などに、シミができていませんか?

ちゅらかなさ

または、色素沈着の一歩手前みたいな、くすみはありませんか?
最近、マスクの摩擦により、肌のくすみやシミができたという人が多くなっています。
顔にシミができると、老けた印象を与えてしまうので、がっかりしますよね。
でも、シミの原因だとわかっていてもマスクは外せない。

マスクを着けつづけると、肌に負担をあたえるとわかっているのに…。
どうしたらいいのでしょうか?
マスクの外縁が、軽く肌を圧迫・摩擦して色素沈着やシミの原因です。

また、マスクで顔をおおうことにより、
鼻や口のまわりが密閉されたような空間になります。

その結果、呼吸による水分が蒸気となり、マスク内にこもる。
この湿気が持続した状態がつづくため、
お肌を守っているバリア機能が乱れてしまいます。
そのため、肌のターンオーバーが崩れて、シミなどが増える原因に。

このときに、美白化粧水やシミ取りの化粧品などが、あなたの強い味方になります。

スキンケア用品を選ぶときは、紫外線から肌を守るUVケアだけでなく、
シミを防ぐ成分や、美白有効成分が配合されたものを選びましょう。
老けた印象を与えるシミの原因が、マスク着用だなんて、こわいですよね!
紫外線対策だけでなく、美白有効成分などのはいったスキンケア用品を選んで、
シミを予防したいですね。
マスクを外しても、若々しいあなたでいてください!

環境に負けない!肌を守る!

あまり、ニキビなどできない肌でしたが、近頃はマスクのせいでしょうか?口元、頬、顎からのフェイスラインに吹き出物ができて困ってます 頬のあたりは、大きめで、
フェイスラインのあたりは、細かくて硬いポツポツがたくさん出来てしまいました クレンジングの時、洗顔の時
手が当たる度に、ふぅ‥という感じです

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

ニキビのほかには、まぶたのたるみ!これはもしかしたら
ニキビより、重大案件です 写真に写った自分にビックリ
アイメイクなんて一生懸命にやっても見えてない!悲しいぃぃ マッサージ動画などを参考に日々励んでいますがなかなか効果がでません 目元は、涙袋あたりもすこしたるみ?しわ?が悩みです 若い頃には肌が弛むなんて思いもしなかったのに、肌も歳をとるんですね

しかし、負けてられない!これかも、いろいろ調べて少しでもアップするように、頑張っていこうと思ってます

マスクニキビも、なにか良い対処法があるといいのですが‥ このご時世、マスクをしないわけにはいかないし、今までの夏の暑さも辛かったけど、これからの、暖房で顔が暑くなったり、乾燥したりも大変ですよね 夏とはまた違った対策が必要ですね また、ネットで勉強の日々 自分の肌は自分で守るぞ!

肌を綺麗に保つ洗顔方法

日本の「美」といえば舞妓さんですよね。

舞妓さんといえば毎晩、毎日おしろいを塗っていると思うのですが、近くで見るほどその肌の綺麗さにビックリします。

毎日メイクするのは私たちと変わりませんが、なぜそこまで差がでるのか。

肌を綺麗に保つコツはあるのか、実際にリサーチしてきた結果、洗顔方法に秘密があると私は感じました。

http://tenbyo.com/

◎優しく洗顔する

不規則な生活は肌に悪いと言われていますが、もっと肌に良くないのはゴシゴシと強く洗うことです。多少強く洗顔しても刺激は感じませんが、強く洗顔することを知らず知らずに続けていると、あとから取り返しのつかないことになりかねません。そのため洗顔するときは油っぽい箇所から泡を置き、優しくマッサージしているように意識しながら、洗顔するのが良いでしょう。

力のさじ加減がわかりにくい方は、人差し指や中指だと無意識に力が入ることが多いので、力の入りにくい小指や薬指を使い内側から外側に洗顔するのがオススメです。また血色や、むくみなどを解消したい方は、こめかみから首にかけて軽くマッサージすると老廃物が流れ、より良い顔つきとなってきます。

タオルを使うときも優しく顔を拭くように注意しましょう。

年齢とホルモンバランスによる顎ニキビ

元々顎にニキビができる事もあると思いますが、年齢が30歳になったとたんから増えていき月経前に更に増えるようになりました。
30歳を機に目立ったニキビが無くても顎にニキビ跡ぽいモノが目立つようになりはじめ周りの人にも『顎どうしたの?』と言われるくらいになり、自分でも気になるようになりました。

透輝美

ニキビそのものならお薬や皮膚科へ通うという手段もありますがニキビ跡っぽいモノとなると中々難しく、パックやコラーゲンゼリー、酵素の美容アプリやプラセンタゼリーなど出来る事や周りの人に聞いたものを試しましたが完全に顎ニキビをなくす事はできませんでした。

先ほどのパックなどで他の部位はそんなにニキビができたりなどの肌の不調はかなり無くなったのですが、顎ニキビは年齢とホルモンバランスの両方関係しているようで、お肌ケアではどうにもならないようです。
私の場合、お化粧でも隠せずなのでほぼお手上げ状態になっています。

良いお化粧品を使えば隠せるのかもしれないのですが、一般の主婦なのでお高い化粧品は使えず顎ニキビに太刀打ちできません。
毎月月経時には憂鬱な気分で顎ニキビが消えるのを耐えています。

ホルモンバランスは自分でどうにかするというのも難しいので突然ホルモンバランスが良くなる事を祈るしかできません。
ただ、顎ニキビをなくす為色々やってる事は、他の部位には有効な様なのでこのまま続けていこうと思ってます。

マスクとニキビの関係性

コロナが流行してマスクを付けることが当たり前になった現在。
出社するときも近所に買い物に行くときも必ずといっていいほどマスクを付ける生活が続いています。
周囲の人々みんながマスクを付けていることに慣れてきましたが果たしていつまでこのコロナ騒動は続くのでしょうか。

ルメントホワイトニングジェルの使い方や使用感などをご報告!私の口コミや効果など全レポート!

さて、そんなコロナの影響が人々に及んでいる中、筆者も肌とマスクがこすれて肌荒れを起こしてしまい、更にニキビまで出来てしまいました。
マスクを付け始めた頃はしっかり化粧をしてマスクをして外出していましたが、ファンデーションが肌に刺激を与え一気にニキビが増えたときは『えぇ!?』と大きな声で驚いてしまいました。

しばらく落ち込みましたが『出来てしまったものは仕方ない、どうにかしてこのニキビを無くして新たにニキビを作らないよう対策を考えないと…』っと落ち込む心に鞭を打ち、きれいな肌を取り戻そうと決意しました。
まず、マスクの下は誰にも見られないからと化粧は最小限にしました。

夏はマスクの中が蒸れてしまうので定期的にマスクを取り替え衛生面に気をつけました。
外出後はすぐにマスクを外し丁寧に洗顔をしました。
直接肌に触れないようふわふわに泡立てた洗顔料で優しく顔を洗って汚れを落とすとそのまま薬用拭き取り化粧水で菌を殺菌。
最後に保湿クリームをたっぷり塗ってようやく一安心です。

食生活にも気をつけました。野菜を普段より多く食べるようにしましたし菓子類は基本的に口にしないようにしました。
こうした努力の結果、1ヶ月程でニキビは無くなりました。
これからも努力を惜しまずニキビを作らないようこのご時世と付き合っていきたいと思います。

お肌の乾燥は甘くみないで正しく対処しよう

乾燥肌で悩む人は多いのではないでしょうか。コーズシックスホワイトリペアの効果を赤裸々レポート!

スキンケアを行うと一気に加速してしまう乾燥肌。1年を通して気になる乾燥ですが、とくに秋になると乾燥を実感する人が多いのではないでしょうか。

10月?11月にかけて湿度が急激に下がるため、それに伴いお肌からも水分が抜けていってしまうのです。

乾燥なんて、少しカサカサするくらいでしょなんて甘い考えは捨てて下さいね。

肌の乾燥を放置すると、ターンオーバーの機能に不調が出てしまい新しい角質も未熟で保湿やバリア機能が十分に働いてくれないために、肌の乾燥は更に進むといった悪循環が繰り返されてしまうのです。

こうして乾燥が続くとカサつきや肌荒れを引き起こすだけでなく、しわの原因にも繋がるのです。

まずは毎日しっかりと保湿する事が正しいスキンケアの第一歩です。

正しいスキンケアはとてもシンプルです。

化粧水を使いたっぷりと保湿し、乳液を使いお肌に蓋をして水分が蒸発するのを防ぐだけです。

化粧水しか使っていなかったという人はストップです!

化粧水の役割はお肌に水分を与えて保湿はできるのですが、そのままではどんどん水分が抜けてしまいます。むしろ濡れているからこそ余計に蒸発しているなんてことも。

乳液には保湿した肌が乾かないように油分を使い蓋をする効果があります。

この化粧水の水分と乳液の油分がバランスよくあって、お肌の適正な状態が保たれるのです。

目の周りのくすみは生活習慣を見直す

目の周りのくすみはファンデーションでごまかすけど、根本的な解決にはなっていませんでした。目の周りのくすみは血行不良、睡眠不足、疲労や疲れ、冷え性、加齢、スマホやパソコンの見過ぎで目を酷使しているなど、どの原因も当てはまりました。そこで私は生活環境を見直すことにしました。

http://www.musee-alambic.com/ 

食生活は、塩分の多い食事は抑えて、ハリを高めるコラーゲン、ビタミンC 野菜やお肉をバランスよく食べるように心がけました。目の周りを動かすように意識して表情筋を鍛えるようにしました。簡単に鍛える方法として、人と会うことをふやしました。人と会うことでよく笑うし、おしゃべりをすることで表情筋は自然に動きます。

1人でできることは体をほぐして血液循環を良くしました。十分な睡眠をとり、生活習慣の見直しをすることで目の周りのくすみだけではなく健康を手に入れました。 

私が自宅でやっているくすみケアは、ホットタオルをして血行を良くすることです。これはとてもリラックスします。色素沈着している茶くすみは目の周りに刺激を与えないことです(クレンジングは力を入れないこと)、美白タイプのスキンケアでお手入れをし、加齢によるくすみは目の周りの皮膚にハリを持たせるために眼輪筋トレーニングやコラーゲン育成を促す、専用の美容液などでケアしています。

顔のシミの悩み

現在40代後半の女性です。

40代にさしかかるころから両目の下にシミができてきました。それが年をとるごとに、大きく、目立つようになってきました。美白美容液を利用したり、ビタミンCのサプリメントを服用するも状況は変わりません。

シルクリスタを辛口評価!購入して効果を検証した私の口コミは?

効果が出ないため、最近は美白ケアをサボり、メイクで隠す方ばかりに目が向いていました。

ただこのシミはとても頑固で、なかなか隠れてくれません。日焼け止めとコンシーラー、そしてリキッドファンデーションの3アイテムを使っても、時間が経つとシミが姿を現します。

周りの人には、アザもしくは殴られたあとだと勘違いされることもあり悩んでいます。

そこで、シミ取りレーザー治療を受けようと決心しました。ずっと仕事で忙しく平日は時間を取れなかったのですが、3月で仕事を辞めてフリーランスになったので、平日に病院に行くことができるようになりました。5月の連休明けにでも、意を決して美容外科(皮膚科)にかかろうと思います。

コンプレックス解消のため頑張ってみます。

また、レーザー治療を受けた後も美白ケアは大事だと美容雑誌で読んだので、しばらくサボっていた美白ケアを再開してみます。美白ケア用品についてはお財布と相談になりますが、病院の先生と相談しつつ安くていいものに巡り合えたらと思っています。